でらすぴぃかー

高校卒業と同時に日本を飛び出した。勢いで決めた韓国留学は外国人ばかりの多人種大学!?「ゆとり世代」と言われ続けてきたぼくの意見箱。個人ブログ「でらすぴぃかー」

他人の沸点なんて機嫌によって変わるものだからいちいち気にしなくて大丈夫

 

f:id:gaku-9:20180913003714j:plain

 

どうもがくし(@gaku_text)です。

 

今月で家を出て3年半くらいになりました。

 

家を出たと言っても自立して一人暮らしをしているってわけじゃなく、基本学校の寮やホームステイで誰かと一緒に生活している状態なんですけどね。

 

寮は2〜4人で1つの部屋を使います。机やクローゼット、ベッドも1人1つずつあります。


食堂でご飯も食べられますから日常生活に支障が出ることは滅多にありません。

 

みんなと楽しく生活しています。

 

誰かの誕生日にはみんなでお祝いするし、ピザを注文してみんなで食べたり、週末には映画会を開いたり。


みんなといると最高に楽しく過ごせます。

 


けれど、共同生活の唯一の弱点としては「常に誰かがそばにいること」です。


イライラしてるとき、悲しいとき、疲れているときでさえ誰かが部屋の中にいるんです。

 

1人になれる条件は自分以外のルームメイトがアウトドア派で運動したり、出かけることが多い場合、もしくは自分がトイレの個室にこもるときくらいですね。

 


そして、ルームメイトですからもちろん話をします。真面目な話からふざけた話まで。まあ、9割9分アホみたいな会話ですが、、、


お互いチャチャを入れることもしばしば。


厄介なのが誰かが機嫌悪いときにちょっかいを出して怒らせてしまったとき、もしくはその逆。イライラしてる時にめんどくさい絡み方された時とか。


ぼくも何回も経験あります。


怒らせちゃったときは、とりあえずそっとしておきます。最後に怒らせた張本人に声をかけられても火に油。触らぬ神に祟りなしです。


誰かが怒らせたときもしくはすでにイライラしていた場合。「どうした?」とは聞かない。「なんかあったら言えよ?」って言う。

 

文字にするとなんかキザな台詞だな…。

 

まあ、いいや。

 


イライラしてる時に「どうした?」みたいなこと言われるとぼくの場合よりイライラする。なんか、「あらまぁ、イライラしちゃってぇ〜どぉーしたんでちゅかぁ〜?」って煽られてるように感じるから←被害妄想激しい


ちょい大袈裟に表現したけど、なんかぼくの中のちっこいぼくが嫌がるんですよね。(意味不明)

 

まぁ、そんなわけで「なんかあったら言えよ?」っていうちょい遠回しに気にかけてるぜ的なことを言うんです。

 


はい最後。機嫌悪い時にちょっかいかけられて沸点越えたとき。


なんか怒りのピークは6秒だみたいなのあるじゃないですか。あれはぼくにとっては半分正解で半分不正解ですね。

 

だって6秒超えてもイライラしてることはあるから。


1時間くらいはピーク続きそうな気もしなくもない。

 

ぼくはイライラがピーク超えたら無言でその場を去るタイプです。


しばらくご近所の部屋にいって誰かのベッドに倒れこむか、誰かと話すか、はたまた量の外に出てほんの少し散歩するかして戻ります。


環境を変えれば大抵のイライラは落ち着きます。


その場にとどまることが一番イライラが持続しやすいですね。

 


まとめ

人がどのタイミングでキレるかなんて他人には分かるわけがない。しかも人の沸点なんてその時の機嫌次第で高くもなれば低くもなる。


そんなのいちいち気にしてられない。


だから寮などで共同生活をするときは人の機嫌伺うことよりも言いたいことをある程度言える環境づくりを大切にしたらいいと思います。


なんでも言いたいこと言える関係の友達ってすごく特別ですよ。


いるかいないかじゃ天と地の差。


普段からお互い言い合える方がイラッとしとしても一瞬でどっかいっちゃいますから。

 

誰かと一緒に思い出を共有できるっていいですよね。

 

 


じゃあ。

 

 

 

☆☆最後まで読んでいただきありがとうございます。☆☆

このブログ、記事の感想やコメントお待ちしています。

 

▼あわせて読んでほしい記事

 

gaku-9.hatenablog.com

 

Twitterアカウント
思ったことや留学生活について気ままにつぶやきます。気軽にフォローしてくださいね。DMもお待ちしています。

twitter.com

 

▼前回の記事

gaku-9.hatenablog.com